メタボの学校

1限目

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドローム(以下メタボ)とは、特定健康診査・特定保健指導の実施結果(メタボ健診)において、内臓に脂肪がついている「内臓脂肪型肥満」に加え、「高血圧」「高血糖」「脂質異常」のいずれかの症状が合併していると診査された状態のこと。
腹囲が大きいからというだけでメタボに当てはまるわけではないのです。

【メタボの診断基準】

ウエスト周りの基準

ウエスト周り 男性: 85cm以上 女性: 90cm以上

血液周りの基準

血糖値 110mg/dl以上
血圧 収縮期血圧(最高血圧)130mmHg以上  拡張期血圧(最低血圧)85mmHg以上
(このいずれか、または両方)
血清脂質 中性脂肪値 150mg/dl以上  HDLコレステロール値 40mg/dl未満
(このいずれか、または両方)

ウエスト周りの基準をオーバーしているのに加え、血液周りの数値がいずれかに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されるのです。

2限目

メタボになると、どんな悪いことがあるの?

メタボは糖尿病をはじめ、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を起こしやすく、心筋梗塞や脳梗塞の原因につながる「動脈硬化」の進行を速めるなど、命に関わる病気を引き起こしやすくします。

その危険性は、自覚症状がほとんどない点。

健康診断を受ければ、高血圧や糖尿病・脂質異常が始まっていると指摘されます。しかしこの段階でもまだ症状はほとんどなく、危険な状態が進行していると気づかない人が多いのです。

本人が気づかないうちに、動脈硬化が進行して、ある日突然心臓発作や脳卒中をおこす人も少なくありません。たとえ助かっても後遺症をのこし、寝たきりになったり介護が必要となる可能性も高いのです。

糖尿病を発症すれば、動脈硬化を促進するだけではなく、網膜症・腎臓障害・神経障害などの合併症をまねき、失明したり、人工透析が必要になったり、心筋梗塞や脳梗塞、認知症になる確率も格段に高まります。

メタボリックシンドロームは知らないうちに、危険因子をつぎつぎと引き起して動脈硬化を進行させ、その危険因子が重なって死への危険を早めていきます。元気なときにこそ健診を年に一度は必ず受けることが、きわめて大切です。

3限目

どうしてメタボになるの?

メタボになる原因は、以下のような生活習慣にあるといわれています。

メタボになる原因

4限目

メタボを予防するには?治療するには?

食事を見直す

基本は食生活のカイゼンから。生活習慣を見直して栄養バランスのとれた食事を。カロリー、塩分、脂質をコントロールしたメニューを取り入れる等心がけましょう。また就寝時間の3時間前には夕食を終わらせ、できるだけ20時以降には食事をとらないようにしましょう。

メタボを予防

  • お酒やタバコを控えめに

    飲酒は量や時間を限定したり、食べ合わせる食材にも配慮しましょう。脂質や糖質の多い食材と一緒に飲酒すると吸収率が高まり体内に蓄積されやすくなります。また、習慣化しているタバコも、本数を限定するなどしましょう。

  • 睡眠時間を大切に

    就寝前にスマートフォンやパソコンの使用をすると、質の良い睡眠がとりにくくなります。就寝前の使用は極力控え、質の良い睡眠をとってストレスを緩和してください。

  • 運動をする

    週に2回~3回は有酸素運動を行い、筋肉量を増やし基礎代謝をあげて燃焼しやすい身体をつくりましょう。休息も必要ですので休みを入れつつ定期的な運動を心がけてください。
    メタボにつながる内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて蓄積しやすいのですが、反面、減りやすいという特性を持っています。長い期間をかけて計画的に体重管理をすることが予防につながるのです。